ちょぶログ!

【プロ野球100人分の1位 2017】強肩部門情報まとめ!華麗なるレーザービームで大盛り上がり!

SPONSORED LINK

f:id:chobu0415:20171202002734j:plain

 

「プロ野球100人分の1位」企画の第6回放送です!

今回は強肩部門という事で、様々な守備に関する数字も交えて確認していきましょう!

強肩と言えば外野手のみならず、遊撃手や捕手にも強肩と言われる選手が多くいます。

気になるランキング、それでは以下よりご確認ください!

本企画の全体概要、他部門にランクインした選手の情報などは以下の記事にまとめていますので、合わせてご覧下さい。随時更新しておりますので、是非とも再度当ブログへご訪問下さい!

 

www.chobu0415.com

 

 

プロ野球100人分の1位 強肩部門!

第4位

読売ジャイアンツ(巨人)小林 誠司
  • 得票:10票
  • 盗塁阻止率:.380

強肩捕手の代名詞ともなっている、世界の小林がランクイン!

 

第3位

福岡ソフトバンクホークス 今宮 健太
  • 得票:18票
  • UZR:5.2(ショート5位)

今季は打撃面でも素晴らしい成績を残してくれました!

ソフトバンクの2番打者として、バントにヒッティングに十分な働きをしてくれた2017年シーズンでしたね!

今季ホークスは失策数・守備率において日本記録を樹立しています。その記録に貢献した一人であるのは間違いないですね。

 

第2位

福岡ソフトバンクホークス 甲斐 拓也
  • 得票:19票
  • 守備率:.999(パ・リーグ捕手1位)

今季はソフトバンクの正捕手としてシーズンを戦い抜いてくれました!

その強肩のみならず機敏さも兼ね備え、軽快な動きで攻守ともにチームに貢献した選手だと思います。

欲を言えばもう少し打つ方でも実力が発揮できればな・・・・、なんて思いますがそれでも十分お釣りがくるほどの成績を残してくれたと思います!

 

第1位

広島東洋カープ 鈴木 誠也
  • 得票:38票
  • 補殺数:10

残念ながら今季は怪我により長期離脱となりましたが、広島の4番としてチームを引っ張っていた大きな存在!

チームメイトから、中継には入りたくない・送球を受けたくないと言われるほど、矢のような送球を放つ強肩は間違いなく球界1位ですね!

 

レーザービームは外野手だけではない!

レーザービームと言えば「イチロー」を思い浮かべる方も多くいるかとは思いますが、遊撃手や捕手でもその強肩ぶりを発揮している選手は多くいます。

今回ランキングには挙がりませんでしたが、福岡ソフトバンクホークスの上林選手も今季は補殺数ランキングではトップとなっていますし、まだまだニューフェイスが登場してくる部門でもあると思います。

実際に観戦していると応援している球団が守備の時は集中して見ていないことも多いですが、それは非常に勿体ない!

守備にも華がある、それをファンに示してくれる夢のある部門だと思います!