20代サラリーマン、英語と読書と野球な日々

20代サラリーマン、日々を記録する。英語と読書と野球な日々!

MENU

【英語】自社におけるキャリア形成・スキルアップのための英語運用スキルについて

こんにちは。ちょぶと申します。

 

本日は「自分の仕事」と「英語」の2つの観点で記事を投稿してみます。

 

英語が話せないと仕事ができないか?

私の答えは「英語なぞ話せずとも仕事はできるし、直近で英語を学ぶ必要性は感じない」です。

私はシステムエンジニアという職業で普段からパソコンの前で何やら小難しいことをやっています。

実務で英語を話す機会は殆どなく、技術文書やFAQなどの英文を読み、情報を収集する際に多少英語に触れる程度です。

私以上に英語が苦手な方でもバリバリ仕事をしていますし、英語を日々学習しているという方はほとんどいません。

 

英語運用スキルを身に着けることによるメリットは?

スキルの差別化ができる

英語運用スキルが必要ない部署に所属していることもあり、私の周囲には英語を話せる人は一人としていません。

テクニックでどうにかなるとさえ言われているTOEICのスコアですら600点を超えている人が数名いる程度で、英語に関しては非常に能力が低いのが実情です。

しかしながら、海外案件の商談は年に数回あり、かつ海外要員を社内で募集しているケースもあります。

海外要員として名乗り出るためにも、日頃から英語運用スキルを向上させるために学習を続けることは十分にメリットと考えます。

 

キャリアアップできる

海外要員として海外案件に参画し、グローバルな人材としてキャリアを形成することが選択肢の一つとなります。

オフショア開発や海外出身の開発メンバとのプロジェクト推進といった経験のあるSEは非常に重宝されます。

 

今回は「自分の仕事」と「英語」の2つの観点でメリットを記事にしました。

次回は「プライベート」と「英語」の観点で記事を投稿してみたいと思います。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。