20代サラリーマン、英語と読書と野球な日々

20代サラリーマン、日々を記録する。英語と読書と野球な日々!

MENU

【麻雀】麻雀歴10年の中級雀士が麻雀をおすすめする2つの理由

f:id:chobu0415:20170426111413j:plain

 

気付けば、麻雀歴10年となりました。こんにちは、ちょぶ(@chobu0415)です。

 

今回は麻雀を始めて良かったことを踏まえて、麻雀をおすすめする2つの理由を紹介したいと思います。

 

麻雀をおすすめする2つの理由

 

f:id:chobu0415:20170426111403j:plain

1.麻雀アニメを超能力バトルもの(ギャグアニメ)として楽しめる。

 

本来、麻雀はそこまで派手さのない、駆け引きを楽しむ地味なゲームです。

役満も神がかった引きも滅多に拝めるものではありません。

 

しかしながら、麻雀アニメでは役満や神引き(神ツモ)は日常茶飯事、腕を光らせ卓上に雷が落ちることなんて珍しくありません。

 

 

アニメだからこそ描ける、勝利までの奇跡を「おいおい、そんなツモありかよ・・・」なんて突っ込みながら楽しむことができます。

 

ちなみに、私は美少女麻雀超能力ギャグアニメ「咲-Saki-」が大好きです。

 

www.saki-anime.com

 

2.ビジネスに役立つ。

打って変わって、こちらは真面目な内容です。

麻雀は複数人で行うため、コミュニケーションは必須となります。

そのため、最低限のマナーや会話があり、対人スキルはある程度身につける必要があります。

また、麻雀は常に取捨選択の連続です。正しいと思った選択でも結果として不正解であることもザラです。

与えられた数少ない手札から、勝つために最も正しい選択をするという、勝つための勘を養うことができます。

  

麻雀好きで有名でもあるサイバーエージェントの藤田社長の言葉を引用させて頂きます。

 

人生は自分に配られた配牌のようなものです。最初から暗刻レベルの容姿で生まれてくる人もいれば、倍満イーシャテンみたいな大金持ちの家に生まれてくる人もいます。そうかと思えば、何の取り柄もなく、ひどい家庭環境の貧乏な家に生まれ育つ人もいます。
親からの遺伝で譲り受けた容姿、頭脳、体格、性格なども含めて配牌の見どころは人それぞれで、誰一人として全く同じ人はいません。そして、誰もが死ぬまで自分の手牌で勝負していかなければならないのです。

(サイバーエージェント 藤田社長)

 

藤田氏は麻雀で勝負勘を鍛えたとおっしゃっており、麻雀を通した学んだことがビジネスで活かされているとのことでした。

  

最後に

私自身、社会人となり麻雀を打つ機会は少なくなりましたが、職場の人間や麻雀を通して知り合った仲間と一緒に麻雀を楽しむことは素晴らしいと今でも感じています。

 

役を覚えるのが大変であったり、何かと敷居の高く感じる麻雀ですが、是非ともチャレンジしてみて欲しいです!