20代サラリーマン、英語と読書と野球な日々

20代サラリーマン、日々を記録する。英語と読書と野球な日々!

MENU

【麻雀】リアル麻雀をおすすめする3つの理由

f:id:chobu0415:20170426111403j:plain

 

 

こんにちは、ちょぶ(@chobu0415)です。

 

牌を実際に握って、麻雀をしよう!

 

リアル麻雀をおすすめしたい3つの理由を紹介していきたいと思います。

 

1.普段の生活には無い出会いが沢山ある。

私はネット麻雀やゲームの麻雀より、リアルの麻雀を好んで打ちます。

そして、リアル麻雀を通じて、様々な年代の方と知り合い、普段のサラリーマン生活には無い出会いが沢山ありました。

特に齢80歳のおばあちゃんと同卓し、雑談を交えながら対局したことは記憶にはっきり残っています。

普段接する機会のない方と共通言語を通じて、コミュニケーションを取ることは、沢山の学びがあります。

 

2.コミュニケーションツールとして優秀であるから。

麻雀は自分を含め、最低3人いなければゲームを始めることができません。

ゲーム中は同卓しているメンツと時間を共有し、麻雀を通してコミュニケーションを取ります。

特に上司や会社の同僚と一緒に麻雀をする場合は、麻雀をきっかけに会話の幅を広げることができると思います。

普段の業務や飲み会とは違う形でお互いを知る良い機会となるはずです!

 

3.鋭い観察眼を養うことができる。

リアルの麻雀では、卓上以外の情報を得られることができます。

例えば、同卓している方が「明らかに自分の手牌に集中して周りをあまり見ていない」場合では、恐らく強い手牌となっている可能性が高いです。

「目線が特定の人の捨て牌に向いている」のであれば、その人にとって欲しい牌が多く捨てられている or 欲しい牌を捨てそうだと目を光らせているといった可能性があります。

 

また、牌を扱う動作であっても「少し手が震えている」、「普段より牌の扱いが荒い」等、打ち手の心理状態が挙動に現れることもあります。

 

追い詰められた状況で、どういった表情をするのか、どういった挙動をするのか、対人のリアル麻雀であるからこそ得られる経験だと思います。

 

最後に

とはいえ、リアル麻雀をするための敷居を高く感じる方も多いと思います。

そういった方は、身近な麻雀好きに声をかけてみましょう!

麻雀好きは初心者にあれこれ教えたがるものです。

もし身近に麻雀好きがいないのであれば、SNSを通じて麻雀仲間を集めてみるのもいいかもしれません。

まずはSkype等の通話可能なツールを使って、ネット麻雀を一緒に楽しむというのも一つの手だと思います。

 

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。