ちょぶログ!

【TED紹介】ビジネスマンなら一度は見ておくべき!ウィル・スティーヴン 「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」が面白い

SPONSORED LINK

f:id:chobu0415:20170527125906j:plain

 

こんにちは、ちょぶです。

 

少し古めの動画ですが、TEDの動画を色々と漁っていたところ、

非常に面白い内容のものがあったのでシェアしたいと思います。

そこそこ有名なプレゼンだと思いますので、ご存知の方は多いのかな?

 

ウィル・スティーヴン 「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」

このプレゼンで学べることは、如何にしてプレゼンをそれっぽく見せつつも乗り切るのか、ということ。

 

www.youtube.com

 

ざっと書き出すと、以下がポイントとなります。

 

  • 会場を広く使いつつ、身振り手振りを大げさにする
  • メガネをかける。途中でかけ直したりすると思慮深い感じが出てGOOD
  • メガネはフレームのみで、見せかけだということで笑いが取れる
  • 観客に問いかける(質問をする)
  • 何か偉業を成し遂げた人物を取り上げる
  • 事象を一般化し、聞き手に何かのヒントを与えるようなエピソードを語る
  • 事実に基づいた数字を並べる
  • 数字を可視化するための、グラフを見せる
  • 抽象的な画像にそれっぽい単語を組み合わせたスライドを用意する
  • 語りのテンポを変え、雰囲気を変える(あたかもドラマティックな展開があるように)

 

語りとしてのテクニック、資料としてのテクニック等が凝縮されたような内容です。

私自身も仕事においてプレゼンを行う、または聴く機会が多々ありますが、

なるほどなと思わせるプレゼンには共通して上記のような特徴があると思います。

 

とは言うものの、取り扱うテーマやプレゼンの聴講者によって、使うべきテクニックは選択する必要があるかと思います。

日本人向けのプレゼンだと、質問を投げかけてもあまり返答がないケースも多いですからね。。

 

事前準備に十分な時間が取れない場合などは、上記テクニックをベースとしたプレゼンの組み立てを行うと、低コストで高パフォーマンスなプレゼンができるかもしれませんね!