【Netflix・感想・レビュー】『Death Note/デスノート』ハリウッド版 実写映画化を見た感想!(ネタバレあり)

f:id:chobu0415:20170826053354p:plain

 

こんばんは、ちょぶ(@chobu0415)です。

Netflixにて限定配信予定となっている『Death Note/デスノート』が、

2017/8/25(金)に配信されました!

 

予告感想記事はこちら↓

www.chobu0415.com

 

結論からいきましょう!感想はこれ!

  • グロい
  • 金がかかっているので、基本的に全てハリウッド仕様
  • 弥海砂にあたる?ミア・サットンがまじで美人で可愛い
  • ライト・L共に感情的なシーンが思っていたより多い
  • 頭脳戦の見どころが特にない
  • 個人的には、、少し残念

 

 

原作とはやはり別物!設定が異なる部分も多々ある

f:id:chobu0415:20170819231532p:plain

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=65FBJXY-EOw

 

実は、、一回だけデスノートの死を取り消すことができます(笑)

えぇ!と思いましたね。。該当のページを燃やせばOKなようです。

また、ライトの母さんがひき逃げで亡くなっていたり、ノートの所有者にしかリュークの姿は見えなかったりと、全体的にスリムな仕様になっています。

設定をシンプルにすることで、小難しい関連性等をカットしている?ような意図と思っています。

 

「ライト」と「L」がそこまで賢くないような・・・。

f:id:chobu0415:20170819232506p:plain

(出典元:https://www.youtube.com/watch?v=65FBJXY-EOw

 

ぶっちゃけ、頭脳戦は話の展開としてあまり重要視されていないように感じました。

原作は頭脳戦に重きを置いていたためか、少々難しい内容になっていたかと思います。

今回は映画という尺の中でデスノートを表現するためか、はたまたハリウッド的に頭脳戦は不必要と判断されたのかわかりませんが、頭脳戦という観点での期待は外れてしまいました。

なんかこう所々で、抜けているなぁとか、なんでそんなに感情的になるの!とか、見ながらツッコミを入れちゃっていました。

(特にライト、君だ!)

しかし、そこで今回の重要人物の一人である「ミア」が活躍するわけです。

このミアの活躍により、状況が一転二転としていきます。

 

 

個人的な注目ポイントに対する回答はいかに

さて、本作の予告記事で記載していた、個人的な注目ポイントの答え合わせをしようと思います。

 

  • ライトの発狂があるのか
  • ハリウッド特有の恋愛要素がどの程度盛り込まれているのか
  • アクションに終始しない、どれだけ高度な頭脳戦が繰り広げられるのか

 

ライトの発狂があるのか

無かったと言えばウソですが、あの冷戦沈着で正義の悪を貫くライトであったからこそ、発狂がより際立ったというもの。

期待とは大きく違いましたね。。

 

 

ハリウッド特有の恋愛要素がどの程度盛り込まれているのか

ハリウッド特有の恋愛要素が邪魔をすることは無かったかなと思います。

むしろ、「ミア」の存在は場を盛り上げるためには必要不可欠な存在です。

(ライトがまぁダメダメなので。。)

しかもめっちゃ美人で可愛い女優だったので、見てる側としては非常に目の保養になって良かったです(笑)

 

どれだけ高度な頭脳戦が繰り広げられるのか

これは「×」です。

残念なことに、頭脳戦にしてはツッコミどころ満載な感じになっています。

それをカバーするハリウッドスケール、インターネット配信だから可能な表現かなというところです。

ただし、頭脳戦をシンプルにすることによって見やすくなったという点はあるのかなと思います。

どうしてもデスノートの頭脳戦って見ている側が疲れたり、内容に追い付けなかったりと、初見にはつらい部分がありますからね。。

 

最後に

やはり、今回のデスノートは今までとは別物として考えるべきですね。

ただ、個人的には「これはこれで良い!」とは感じられませんでした。

既にデスノートの内容を把握していて、ハリウッド仕様ならどうなるか?という観点で見る分には良いかと思いますが、日本版デスノートの移植とは異なることを事前に頭に入れておく方が良さそうです。

 

 

 

Netflix関連記事

www.chobu0415.com