ちょぶログ!

4割打者は過去に存在しているのか?日ハム近藤の成績に大きな期待が掛かる!

SPONSORED LINK

f:id:chobu0415:20171117174858p:plain

 

未だ記憶に新しい、2017年のプロ野球シーズン序盤における、日本ハムの4割打者、近藤。

怪我により長期離脱し、チームへの影響は大きいものとなりました。

現在は稲葉ジャパンの若手侍としてアジアプロ野球チャンピオンシップ2017に出場し、チームに素晴らしい貢献をしています。

さて、幻の4割打者として今後に期待のかかる近藤ですが、過去に最高打率を残した選手の打率はどれくらいのものなのか、まとめてみようと思います。

 

 

歴代最高打率記録トップ10

順位 選手 所属チーム 達成年度 打率 打数 安打数
1 バース 阪神 1986年 .389 453 176
2 イチロー オリックス 2000年 .387 395 153
3 イチロー オリックス 1994年 .385 546 210
4 張本 勲 東映 1970年 .3834 459 176
5 大下 弘 東急 1951年 .3831 321 123
6 クロマティ 巨人 1989年 .3781 439 166
7 内川 聖一 横浜 2008年 .378 500 189
8 川上 哲治 巨人 1951年 .377 374 141
9 中根 之 名古屋 1936年秋 .376 93 35
10 ブルーム 近鉄 1962年 .374 401 150

(出典元:歴代最高記録 打率 【シーズン記録】 | NPB.jp 日本野球機構

 

レジェンド達が名を連ねる

まさにレジェンド達が名を連ねています。

誰もがその名を知っているイチロー、そして日本プロ野球史上最高の右バッターとも言われるソフトバンクの内川もランクインしています。

ランキング19位となりますが、ソフトバンクの柳田(打率:.3625)も上位にその名前を刻んでいます。

ソフトバンク打線が脅威ともいわれる所以は、ここにもあるのでしょう。

 

日本プロ野球では4割打者は存在しない

表をご覧の通り、日本プロ野球界には4割バッターは存在しません。

厳密には規定打席到達における4割バッターとなりますが、要はシーズン通して4割打ち続けた選手はいないということですね。

調子の波があって、一時的に4割を超えてるバッターは過去に存在しますが、それをシーズン通して安定したアベレージを残すことは大変難しいわけです。

 

規定打席とは?

NPBおよびMLBにおいて、現在は野球規則10・22(a)により規定打席を次のように定めている。
所属球団の試合数 × 3.1
(小数点以下四捨五入。ただし、2008年までは小数点以下切捨て。)
規定打席数に達しているかどうかが、打者として1シーズンを通じて起用されたか否かの基準とされる場合もある。
NPBのファーム組織(イースタン・リーグ、ウエスタン・リーグ)の規定打席は所属球団の試合数 × 2.7である。

規定打席 - Wikipedia

 

【日本ハム】近藤健介の2017年成績等を見てみる

さて、前述の通り過去に規定打席到達時の4割バッターは存在しないことが分かりました。

せっかくですから、「なら誰がその記録に最も近いのか?」これを考えてみます。

と、言っても私個人の答えは出ています。日本ハムの近藤健介選手です。

一部抜粋ではありますが、幻の4割打者と言われた2017年近藤の成績を見てみましょう。

 

2017年打撃成績

2017年4月成績
打率 打点 本塁打 安打 出塁率 長打率 OPS 試合数
.416 16 2 32 .558 .584 .1.142 25

 

2017年年間成績
打率 打点 本塁打 安打 出塁率 長打率 OPS 試合数
.413 29 3 69 .567 .557 .1.124 57

 

怪我による離脱も復帰後も高いアベレージ

残念ながら2017年シーズン途中に椎間板ヘルニアにより、長期離脱を余儀なくされました。

しかし怪我から復帰した9月、10月には4割を超える打率を残しています。

さらに2017年11月に開催されているアジアプロ野球チャンピオンシップ2017では初戦の韓国戦にて4打数3安打の大爆発で、その高いミート力が健在であることを示してくれました。

 

最も4割打者に近い男、日本ハム近藤

www.youtube.com

【プロ野球パ】天才バットマン・近藤の芸術的な流し打ち 2015/07/12 F-L - YouTube

上記に動画をご覧頂くと分かりますが、卓越した選球眼と芸術的な流し打ち、本当に素晴らしいバッターです。

2018年シーズン、大きなけがもなくシーズンを終えることが出来るのであれば、日本野球史上初の4割打者となることが出来る予感がします・・・!

 

海外にも素晴らしい若手選手が・・・?

本記事でも度々登場している、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017には日本のみならず、韓国・台湾の代表若手選手が出場しています。

その中でも大注目とされているバッターが台湾にいます。

2年連続4割を記録している台湾の大王、王 柏融(ワン・ボーロン)です。

台湾プロ野球界では初の記録で、大変盛り上がりを見せていました。

海外志向があり、日本球界入りの噂もほんっの少しだけあったので、その動向には要チェックです!