メダロットCLASSICS(クラシックス)が予約開始!発売は2017年12月予定!

f:id:chobu0415:20170904182857p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

こんばんは、ちょぶです。

 

皆さん、「メダロット」をご存知でしょうか?

私がまだ幼き頃、時計型ゲーム機のメダロッチを付けて走り回った記憶があります。

ロボット、時計、メダル、カブト/クワガタと言った、少年心をくすぐる要素が満載の「メダロット」は今でも良い思い出です。

 

その「メダロット」は時計型ゲーム機、ゲームボーイ、プレーステーション、DSとプラットフォームを変えて長く親しまれています。

『メダロット』とは、1997年にイマジニアから発売されたゲームソフト『メダロット』を始めとする、コンピュータゲーム、漫画、アニメのシリーズの総称である。いずれの作品でも、「メダル」と呼ばれる物体によって機動する1メートル弱のロボット「メダロット」を戦わせる競技「ロボトル」が流行している世界を舞台として物語が描かれる。ゲーム作品ではスタッフとして、ほぼ全ての作品に原作者のほるまりんがキャラクターデザイン、メダロットデザインなどでかかわっている(『メダロット7』以降はメダロットデザインのみ)。

メダロット - Wikipedia

 

さて、今回はその「メダロット」のゲーム過去5作が一つに同梱されたゲームが予約開始となり、早速予約したので記事にしたいと思います。

 

 

メダロットCLASSICS(クラシックス)

f:id:chobu0415:20170904182857p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

medarotsha.jp

 

先にご紹介したメダロットシリーズの20周年を記念し、人気ナンバリングシリーズ、メダロット1~5までが同梱されたメモリアル作品です。

20代後半以降の年齢の方なら、確実にその名前を耳にしたことがあるというこのメダロットシリーズの本作品がまとめて1作品として戻ってきます!

 

通常版/限定版が発売!

f:id:chobu0415:20170904183814p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

通常版、限定版の2種類が発売されます。

通常版はお馴染みカブトVerとクワガタVerの2つのバージョンが、限定盤はニンテンドー3DSと両Verのソフト、キャラクターブックとサウンドトラックがセットとなっています。

私はカブトVerを予約しました!!

 

簡単に過去作を振り返る

一応メダロット1~5まで全作品既プレイですが、簡単に描く作品を振り返ってみたいと思います。

 

メダロット1

f:id:chobu0415:20170904185945p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

時は近未来。
世間ではメダロット同士を戦わせる「ロボトル」が大流行。ロボトルに興味がない主人公ヒカルは、愛犬を引き連れ散歩に出かけるが、その先でメダロットで悪事を働く「ロボロボ団」に遭遇。運良くこれを撃退するも、この時愛犬が拾ってきた一枚のメダルをきっかけに、大きな事件へと巻き込まれていく。

公式サイトより

本作品の世界観を以降も継承していく形となります。

全ての始まりの本作品、粗い設定もありますがやはり名作です。

本作の主人公ヒカルは以降の作品においても主役級の活躍をします。いやぁ、懐かしいです(笑)

 

メダロット2

f:id:chobu0415:20170904192542p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

かつて、世界を未曾有の危機に陥れた悪の集団 ロボロボ団は、ヒカルの活躍により壊滅。世界は平和を取り戻した。それから7年。メダロットが大好きな主人公イッキが、ひょんなことからメダロットを手にしたころ、何者かの手によって再建されたロボロボ団が再び悪事を働き始めていた。

公式サイトより

本作品からメダロットの知名度が上がってきた印象があります。

主人公はイッキとなり、前作の主人公ヒカルはイッキを支える重要な人物として登場します。

当時プレイしていた私は、ラスボスが勝てずにかなり苦戦していたという記憶があります。戦略の幅は前作とは比べ物にならないほど多様となっていたこともあり、ラスボスとの戦いは相当熱かったですね!

 

メダロット3

f:id:chobu0415:20170904194422p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

復活したロボロボ団によって再び危機にひんした世界だったが、ヒカルが見込んだ少年イッキの活躍によって無事に解決。一時の平和が訪れるおみくじ町。しかし、新たな闇が再び世界を包もうとしていた。

公式サイトより

 前作と同様に主人公イッキが見えない相手に立ち向かっていきます。

メダロット3のポイントは追加要素を多分に含んだバトルシステムと成長システムです。

恐らく、本作品がメダロット史上における最高作品だと思います。

メダロットの起源、スケールの大きなシナリオ、バトルシステムの幅広さ、全てが最高でした!

思い出してみると、かなりやりたくなってきました。。よし、中古で買い直します!!

 

メダロット4

f:id:chobu0415:20170904195141p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

これまで数々の活躍をしてきたイッキ。しかし彼は、「本当にメダロットのことを理解しているのか?」と日々悩んでいた。
「メダマスター」と呼ばれる真のメダロッターにのみ与えられる称号の存在を知り興味を持ち始めた頃、新しく赴任してきた教師との出会いをきっかけに、イッキ最後の冒険が始まる。

公式サイトより

ここまで長く主人公として活躍してきたイッキの最後の主人公としての作品です。

過去シリーズの中で、最もボリュームのあるメダロットが登場し、今までの集大成とも言える作品です。

本作でも過去にはない要素を取り入れていますが、個人的にはそこまで印象には残っていません。前作で力尽きてしまった感がありました(笑)

 

メダロット5

f:id:chobu0415:20170904195821p:plain

(出典元:メダロットCLASSICS公式サイト)

 

主人公コイシマルが転校してきたのは、都会から遠く離れたすすたけ村。新たな生活に慣れようと決意する彼の前に、様々な問題が立ちふさがる。すすたけ小メダロット部の危機、村長が企む怪しげな村おこし。そして、多発するメダロットがらみの事件。はたしてコイシマルの運命は?

公式サイトより

 ナンバリングはあるものの、今までの作品とは一切異なり、世界観やゲームシステムは切り離された作品となっています。

なんといっても、ヒロインが複数人おり、会話の選択肢によってメインヒロインが決定するという、恋愛要素が含まれているのです(笑)

新しい試みがあまりハマらなかったこともあり、シリーズの中ではあまり人気が無いように思います。

とは言え、今後のメダロットシリーズの新しい在り方を模索する中の一つとして、節目となった作品だと思います。

 

各シリーズにおいて、改良がされる?

公式サイトにて、「本作の進化」として一部機能が強化されるとありました。

  • いつでもセーブ&ロード
  • ワイヤレスで通信可能!
  • ロボトルスキップ&倍速機能
  • メダアルバム搭載
  • 全パーツを取得した状態でニューゲームが可能に!

いずれも開発中のものということで、確定情報では無さそうですが、機能改善に乗り出していることは非常に嬉しいですね。(言い方によっては、ゆとり仕様となるのか。。)

 

発売が楽しみすぎる!

2017年9月4日時点で、2017年12月21日に発売される予定となっています。

本日早速予約して、今からもう待ち遠しいです!

発売まで、過去作品の振り返りでもしながら待とうと思います(笑)