ちょぶログ!

福岡ソフトバンクホークス2018年開幕スタメンのオーダー、レギュラーを予想する!

SPONSORED LINK

 

2017年シーズンは見事日本一となり、悲願の王者奪還を果たした福岡ソフトバンクホークス。

常勝軍団として2018年シーズンもその圧倒的な戦力を見せつけてくれることでしょう!

今回は福岡ソフトバンクホークス2018年開幕スタメンのオーダーを予想していきたいと思います。

怪我や調整により開幕オーダも変わってくる可能性があるため、随時内容は更新していこうと思います!

www.chobu0415.com

 

 

ソフトバンク2018開幕スタメンオーダー、レギュラー

打順 選手名 守備位置
1 中村晃
2 今宮健太
3 柳田悠岐
4 内川聖一
5 デスパイネ
6 松田宣浩
7 上林誠知
8 明石健志
9 甲斐拓也

 

1番打者に誰を置くのか

2017年シーズンを振り返ると、1番に明石を置く布陣も一つの型と言えると思います。

しかしながら私個人としては、相手投手に球数を投げさせ、かつヒッティングと四球を選ぶことの出来る中村晃を1番と予想します。

2番今宮のバント技術・打撃開花により、初回から非常に圧力のある打線となることが考えられます。

この1番・2番の繋がりは非常にポイントとなると思います。

 

長年の課題であった捕手は甲斐の台頭により安泰か

強肩捕手として一気にその名を知らしめた甲斐の台頭により、長年の課題であった若手捕手の穴が埋まった印象です。

2017年シーズンは先発投手によっては控えに回ることもありましたが、2018年シーズンでは是非ともシーズンを通して正捕手としてチームを牽引して欲しいですね!

シーズンオフのテレビ企画で甲斐は強肩部門で見事ランクインしています。

100人分の1位という選手が選手を選ぶランキング企画なので、興味のある方は是非合わせてご覧下さい!

 

セカンドのレギュラーは誰になる?

先に挙げた予想の通り、セカンドのレギュラーは明石と予想します。

セカンドは川崎、本多、川島、高田、牧原と実績ある選手から若手まで幅広く名前が挙がります。

実はこの選手のうち、唯一川島だけが右打者です。相手先発投手が左腕である場合の出場機会は昨シーズンでも多く、左キラーとして粘り強い打撃を見せてくれています。

川崎は年間通して戦力となることは難しそうですし、高田・牧原は20代ながらレギュラーを任せるには少々懸念点があります。

次世代の二塁手を確立するためにも、高田・牧原の台頭は今後のホークスに必要不可欠だと思われます。

 

若手内野手の底上げが急務

スタメン予想の内野手はショートの今宮を除き、全員が30代となっています。

内川・松田はそこまで衰えを感じさせないものの、それでも怪我や疲労によるリスクは高まっているはずです。

先のセカンドレギュラーも然り、若手内野手の底上げが急務であると感じます。

シーズンオフ、オープン戦と開幕に向けてどれだけ若手内野手が頭角を表すことができるのか、これがチーム全体としての強さに直結してくるのではないでしょうか。

 

やはり総合力は12球団トップクラス

2017年シーズンはNPBの守備記録を樹立、本塁打王デスパイネをはじめとした超強力クリーンナップ、選手層の厚さ、どれをとっても12球団トップクラスです。

この盤石な体制の中、どれだけ勝ち星を重ねることが出来るのか、2018年シーズンも非常に楽しみですね!

www.chobu0415.com